目を背けてもいい

よしです( ´ ▽ ` )ノ
   
   
例えば、相当嫌な上司が職場に
居るとして、
   
(大体、そうかなw)
    
   
カウンセリングで、その状況を
変えるというのは
   
結構、難しい話で(笑)
   
   
「上司を優しく包み込めば
上司の態度も変わるかも♡」
   
「捉え方を変えてみよう!
キミの成長のきっかけかも♡」
   
「キミは上司の在り方をから、
キミの中の問題に気付こうと
している。これは学び♡」
   
   
とか思えるかァ!
   
   
ってときも多いじゃないですか(笑)
   
   
確かに、こちらの捉え方を
変える方法や、
   
上司さんに対する関わりを変えて
みる効果も期待できます。
   
  
でも、人ってなかなか、
変わりませんし 
  
イヤなものはイヤだったりします。
   
  
そんなとき、無理矢理に思考を
変えようとするのも
   
難しいもの。    
   
   
でも、その状況が
少し改善できた事例を
   
ある、受講生さんが
教えてくれました。  
  
   
その受講生さんは
こう言っていました。
  
   
「よしくんのオリセラに通っていて
嫌な上司のことを考える時間が
減ってよかった。
何もしていなかったら、きっと
上司のことばかり考えてしまって
いたと思う」
   
   
どうにもならないこともあります。
  
どうしても、変わらない人もいるし
苦しみが続くしかない時もある。
   
  
そんなとき、
  
   
「他に意識を向けられるものが
あるか、ないか」
   
  
というのはとても、大きいです。
   
   
人の思考はついつい、ネガティブに
引き寄せられてしまうもの。
   
でも、望ましくは、ネガティブよりも
多い割合で、意識を向けられる何か
   
があるだけで、精神的負担は
軽減されます。
   
   
「嫌な上司」のように、
問題に思うものから出来るだけ
目を背けることも、   
   
実は、大事なんですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ここまで、お読みいただきありがとうございました。
この投稿をご覧になり、感じるものがございましたら
シェアをしていただけたら幸いです♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
   
「次は、あなたが誰かを癒す人になる。」を目指し

★認定心理カウンセラーライセンス取得
★日常人間力/コミュニケーション能力向上

何より、一生に一度の自分自身の人生のために、
“後悔しないための自分自身の人生の歩み直し”に取り組む

日本オリジナルセラピストアカデミー銀座校
-Japan Original Therapist Academy Ginza School-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください