辞めさせられた?

よしです( ´ ▽ ` )ノ

   
社会人になり、仕事をしていると
   
時に、ほんとーに理不尽なことで
   
「会社を辞めさせられてしまった」
   
ということが起こったりします。
   
   
かくいう私も去年
  
(去年かよ)
     
  
会社を辞めさせられました。
  
   
昼はオリセラの業務があるため
  
  
派遣社員として、
  
某老人ホームで
勤務していたのですが
  
   
ある日突然
  
  
「会社の方針で正社員で
固めていきたいから、
派遣さんは更新なしね♪」
  
  
と言われまして
   
  
その3ヶ月後、退職になりました。
  
  
「辞めさせられた」って
  
悔しいと思っちゃいますよね。
恥ずかしいと 思っちゃいますよね。
  
自分は必要無い人間なの?
   
なんて思っちゃったりしますよね。
   
   
でもね、ソレ『罠』なんですよ。心の。
  
   
どういうことかと言うとね
  
   
「必要無いから辞めさせられた」
  
   
じゃなく
  
   
「あなたが居る場所は、
ここじゃないよ。
正しいルートに戻ってね」
  
  
という、自分の人生からの
メッセージなんですよ。
  
  
人生は、私たちに常に
気付きを与えようとしています。
   
人や、物事を通して。
   
   
「本当は、イヤなんでしょ?」
   
「本当は、ここにいるのイヤでしょ?」
   
「辛いでしょ?苦しいんでしょ?」
   
気付きなよ。
   
素直になりなよ。
    
本当は、やりたいことがあるんでしょ?
  
行きたい場所があるんでしょ?

  
  
↑これからの、人生からの問いかけを
   
総合して降りてくる現実が
   
「解雇」というわけです。
    
     
自分の人生は、本当に
わかりにくい方法で
   
「誰か」を通して、私たちに
正しい道を教えてくれています。
  
   
わかりにくいですよね。
   
イジワル。正確悪ぅー!
ストレートに言ってよ(笑)
    
   
だからね、「解雇」というのは
  
ガタガタ道を走っていた私たちを
   
幸せに続く、正規ルートに
   
向かわせてくれるための
   
   
きっかけなんですよ。
   
   

おっけー?
  
    
   
だからほら。
   
十分に休んでからでいいから
顔上げて、
   
人生に、教えてもらえた道を
   
歩いていこう。
    
    
   
幸せになれるからね。
  

   
  

______________

「次は、あなたが誰かを癒す人になる。」を目指し

★認定心理カウンセラーライセンス取得
★日常人間力/コミュニケーション能力向上

何より、一生に一度の自分自身の人生のために、
“後悔しないための自分自身の人生の歩み直し”に取り組む

日本オリジナルセラピストアカデミー銀座校
-Japan Original Therapist Academy Ginza School-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください