好きなことを見つける方法

自信再構築カウンセラー
さいとうよしゆきです。
   

好きなことは、どうやって見つけるの?

  
僕は、自分のカウンセリングの中で、クライアントさんの「自信」の再構築を行い、再構築した自信を持ってどのような価値を生み出す事ができるのか、という事を形にするまでのお手伝いをさせていただいております。その手前、コース受講生さんに、こう聞かれる事が多いです。 
     
「よしさん、私にも、自信を持って好きだと言えることって見つかるんですか?」
   
それについて僕は、こう答えます。
     
「ああ!それね!よくぞ聞いてくれました、それはね…あの…アレ…
まぁ、つまり、そのね、うん、
  
「とにかく頑張れ!」
     
適当か!ってね(笑)ううん、違うんです。自信を持って、好きだと言えることを見つけるにはもう、「頑張る」しか無いのですよ。
      
それは、僕自身が辿ってきた道。その中で、確信したこと。そう、「好きなこと」というものは常に、その全体像が見えないようになっているんです。

好きなことの全体像は、常に見えないものである

  
思えば、僕の人生は進化(時に退化(笑))の繰り替えしでした。ちょこっと本題から逸れますが、そのドタバタな軌跡をちょっとだけ、ここに公開してみます。その中に、「自信を持って」かつ「好きなこと」を見つけた過程が隠されているので、参考になりましたら幸いです。
     

《よしの人生》
   
◉高校を卒業し、すぐ看護専門学校へ。
先輩が気に入らなくて3ヶ月で自主退学
  
◉その後3年くらい?TSUTAYAでバイト
専門学校入学が決まり退職(また学校かよ)
    
◉栄養専門学校に入学
⇒2年過程を修了し卒業しましたが、未だに「なぜ栄養専門学校に通ったのかは謎です」当時、料理が出来る男子はカッコいいという考えがあった説が一番有力です。ちなみに、料理専門学校は指導が厳しそうだというイメージから避けました。ヘタレか。(一応、栄養士免許を持ってます)
  
◉栄養専門学校を卒業と同時に看護学校へ入学
⇒また学校かよ、と。よく親が許してくれたと思います
  
◉25歳くらいの頃看護学校3年過程を修了、卒業
この過程で、僕に自信をつけてくれた、人生の師的な人に出会います
   
ここでの気持ちの変化:  
(こんな中途半端で、自信のない自分は嫌だ!自分を変えたい…)   
  
◉当時、mixi全盛期! 
⇒「カフェ会」を発見。飲み会ではなく、カフェに集うオフ会みたいなものです。
人見知りを直す為にもちょっと参加してみるか…という気持ちで参加者として参加。
  
◉何回か、カフェ会に参加
⇒「こんなにたくさんの人を集めて仕切れる主催者さん凄い!(キラキラ)」
          
からの、気持ちの変化:
「ていうか、主催者って以外と俺でもできるんじゃね?」
     
◉8名の小規模カフェ会を初開催
満席終了!
  
気持ちの変化:
「ほーらやっぱできるよ!主催者楽しい!色々試してみよう!」
  
◉その後5年程カフェ会主催
⇒普通のカフェ会じゃつまんない!もっともっと、楽しい会にできないかな?
⇒ヨガカフェ会、フラワーアレンジメントカフェ会、漫画カフェ会などなど主催。もはやカフェ会ではない。
 
気持ちの変化:
「もっともっとできるかも!店を貸し切ってもっと規模を広げよう!色々試そう!」
⇒バーでの生演奏カフェ会、ねこカフェ貸し切りカフェ会、タワーマンションカフェ会、自作物語カフェ会(!?)、映画館貸し切りカフェ会、脱出ゲームカフェ会…
    
◉カフェ会に明け暮れている間、社会人として就職した会社(病院)2カ所を早期退職
⇒1カ所目(循環器病棟)6ヶ月退職
⇒2カ所目(リハビリ科病棟)6ヶ月退職
⇒理由…先輩にめっちゃ怒られたから(おい)
       
気持ちの変化:
「カフェ会を開催してわかってきた。世の中には色々な人がいるなぁ。そしてみんな、常に、何かに悩んでいるようだ。もっと、有意義なことってできないかな?」
        
◉心理カウンセラーライセンス取得、カウンセラーへ転身
  
気持ちの変化:
「ただのカウンセラーじゃつまんない!自分だからこそできる、カウンセリングって何だ?」
   
◉姫コンシェルジュカウンセラーとしてデビュー(!?)
⇒世の中みんな恋愛に悩んでる!異性心理はかなり学んでるし、コンシェルジュって響きカッコいい!女性の恋愛相談専門カウンセラーになろう!
   
気持ちの変化:
「コンサルを受け、わかった。自分は、自信が無い人にもっと自信を持ってほしいんだ。ようやく軸が定まった。世の中の、自信が無い人に向けて、カウンセリングを行っていこう。
   
◉「自信再構築カウンセラー」としてデビュー ◀︎いまここ
   
リアル仮面舞踏会開催(!?)
(ブログ冒頭写真参照※見た目怪しいので仮面無しver掲載しております)

最終的に、仮面舞踏会て。オチかと。この企画はもちろん、自信再構築カウンセラーとして開催したものであり、本当の自信とは?に沿った内容のパーティーです。舞踏会主催者になったのではありません。

  

好きなことを追いかけて、追いかけて

  
上の、ざっくりした軌跡を見ていただくとわかるように、僕の人生はいつも、「やっぱり、出来た!」と「もっと、もっと!」の繰り返しでした。
   
そして、そのステージ毎に、自分が考える「好きなこと」は、どんどんと洗練され、レベルアップし、より有意義なものへと形を変えて行くのです。だから、「好きなこと」って、どこまでもどこまでも追いかけて行くものであって、どこまで行っても、その全貌は実は誰にも見えないのです。
  
結論としては、好きなことを見つける方法とは「今現在、興味があること」それに一点集中し、それをどんどんワクワクするものにレベルアップさせていてくださいと言う事が答えです。
   
だから、「好きなことを見つけたい」という人の事を僕は、自分の実体験もあるため全力で応援し背中を押す事はできますが、「好きなことは見つかるのか?」という質問に対してはもう、「興味があること」と「もっともっと」をカバンに詰め込んで、父さんが残した熱い想いと、母さんがくれたあのまなざしを頼りにどこまでも高い天空へ突き進んでいってくださいとしか言えません。
   
「好きなこと」の全貌は、どこまで行っても見えないかもしれない。もしかしたら、一生かかってでも、見ることができないかもしれない。でも、その過程過程にある「その時、自分が好きな事」は必ず、あなたの人生を輝かせるものになるだろう。さらに、その過程で出逢う人々との交流は、必ず、あなたが人生の終盤で感じる後悔を消し去ってくれるものになるだろう。
   
好きなことを追い求める冒険者が旅路の果てに見るものは、「良い人生だった」と心から思うことができる、人生の満足であると僕は信じて止みません。

  
   
  
  
    

 
       
   
  
   
   
   
  
  
  
   

この記事の著者『自信再構築カウンセラー』

   
著:さいとうよしゆき《Facebookへ》
※友達大歓迎ですが、メッセージが無いと
承認出来ない場合がございます。
    

元精神科看護師。5000人の心のケアを担当。自身が無価値感に苦しんだ幼少期も活かし
「私には自信も価値もない」という、出来上がってしまった前提に苦しむ人の再起を、
自信再構築カウンセリングでサポートし、最終的に「次は、あなたが誰かを癒す存在になる」という目標に向かい
「あなただからこそできる、世の中のための価値」の発見までを実現するカウンセラー。
   
   

「自信再構築」カウンセリング説明/体験セッションはこちらから▼

     
*‥*《自信再構築》セッション概要*‥*‥*‥*‥*‥
  
▼5月(5/1~5/31)限定5名!▼
*カウンセリング募集*
      
『答えは全て、過去にある。』
幼少期の記憶を辿り、その人だけの
自信と、価値を再構築する
「出逢い直し」カウンセリング。
最終的に目指すのは、再構築した
自信を完全に定着させるために、
『あなたがやってみたかったこと』
1つを、「誰か」を笑顔にするという
形で実現させ、そのような自分を獲得
すること。それをもって、新しい自分
を生きるという再決断を行います。
    
担当カウンセラー:さいとうよしゆき
   
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)