子育てのストレスで不安

こんばんは。心理カウンセラーさいとうよしゆきです。公開型お悩み相談フォームより新しいご相談をいただきましたので、ご回答させていただきます。

子育てのストレスで不安

題名「子育てのストレスで不安」

Kさん 《30代/女性/主婦》

こんにちは。私は30代前半で、子どもが2人いるパートの主婦です。
私は、小さなことでも深く悩んでしまう性格なのですが、最近、それが特にひどくなっている気がして気が重いです。悩みの原因は子育てのストレスだと思います。
 
私の子どもは、上の子が1年生。下の子が3歳です。日々子育てに追われていますが、先が見えません。上の子はとても明るい子なのですが、家の中では、発達障害かと思わせるほどわがままな行動で、イライラさせられてしまいます。友達付き合いもうまくないようで、その点も心配でなりません。友達と遊ぶ事も少ないので、友達と遊んでいる所を見るたびに、その態度の悪さに胃が痛くなります。

下の子は穏やかなのですが、最近はイヤイヤ期に入り、これもイライラの原因になっています。子どもは可愛いので、暴言、暴力はありません。ですが、子ども達の言動でイライラし、部屋に逃げ込んでしまったり、影で文句を言ってしまったりしてしまいます。

私の性格は、もともとおとなしいものだったのですが、子育ての場面では子ども達には人が変わったように、怖い態度で接してしまう時があります。そのような子育てをしてしまうことが、情けないです。そのように思うなら、自分が立派な態度で居ればいいのに、それも出来ていません。

上の子が小学生になり、PTAへの参加など、まだ未体験な世界に対しても不安に感じる所があり、悶々としています。しかしこの点では今の所、困っていることはありません。

私は人付き合いは正直、得意ではなく、周りのお母さん達とも、当たり障りがない付き合いをしています。友達とあっても、自分を出せていない私がいます。本当の自分とは何なのだろう?そう考えると不安で、周りの人たちが輝いてみえます。

全ての悩みのもとは、子育ての不安かと思います。どのように、気持ちを切り替え生きていけばいいのでしょうか。

夫との関係は問題ありません。父も、母も、関係性は良好で、子育ての協力もしてくれるためその点の不安もありません。仕事面も私としては、比較的問題無くできているかと思います。金銭面や健康面も不安な点は特にないです。ですが、これからの自分の人生には希望が持てず周りの人に申し訳ない気持ちになります。

どのようにしたら良いのか、アドバイスをお願いします。

良き母の姿

Kさん、はじめまして。心理カウンセラーのよしです(*´ω`*)♬

Kさん、毎日、とてもとても頑張っているのですね。文章の内容から、日々、子育てに奮闘し、不安と戦いながら過ごされている、Kさんの姿がイメージできる気がします。Kさんと同じくらいの年齢のお子様がいる友達が何人かいるのですが、やはり、子育ては不安が尽きず、ストレスも大きく、かなり大変!ということを頻繁に聴くため、男性の僕としても、子育ての大変さを感じています。

まずは、Kさんが今、どのような状況なのか、考えていきましょう。

>子どもは可愛いので、暴言、暴力はありません。
>子ども達の言動でイライラし、部屋に逃げ込んでしまったり、影で文句を言ってしまったりします。
  
ここ、素晴らしいと思います(*´ω`*)!お子様にイライラする中、子どもの心に傷をつけるような暴言、暴力をせず、それを自分自身で一人になり、不安を抑え、クールダウンしようとする。子どもの将来を考えると、まさにベストな対応ですよ。
  
>私の性格は、もともとおとなしいものだったのですが、子育ての場面では子ども達には人が変わったように、怖い態度で接してしまう時があります。
>そのようにしてしまうことが、情けないです。そのように思うなら、自分が立派な態度で居ればいいのに、それも出来ていません。

Kさんが言う、おとなしい性格なのだけど、子育ての場面では人が変わる、というところ。これは、ごく自然なのではないかな、と思います。なぜかというと、子育てはまさに真剣勝負。不安との戦い。まだまだ、親の保護が必要である我が子を守らなければいけない。そのような使命感から、母は、その真剣さを表現するように、パワフルで、時に怖い存在である必要もあるのではないでしょうか。そのような母の姿は、子どもを、真っ直ぐで誠実な大人にしていく要素の1つとして、間違い無く必要なのではないでしょうか。
 
そして、注目したいのは、ここですね。
  

母は子どものパワースポット

>上の子はとても明るい子なのですが、家の中では、発達障害かと思わせるほどわがままな行動で、イライラさせられてしまいます。

このように、子どもが、親がびっくりしてしまうほどにやんちゃだったり、ワガママな言動をするのは、なぜだかわかりますか。これは、「子どもにとって、親が安心出来る存在である」「何をしても、許してもらえる。受け入れてもらえる」という、子どもの心理状態があるからです。
つまり、Kさんのお子様は、Kさんに”愛されている”と実感しているということ。そうでなければ、子どもはどうなるか。表情の無い、何に対しても素直に「はい」というような、一見、健全に見える不健全な「良い子」になるのですよ。

Kさんは、子ども達に信頼され、不安を持たれていない、安心される良いお母さんなのです。だから、ワガママもいうし、イヤイヤもする。子どもたちは、素直に、育っているのではないでしょうか。Kさんの子育ての努力が、実を結ばれているのではないかなと思います。

そして、心理学では、「怒りは第2感情」であると言います。怒りが第2感情なら、当然、第2感情の前に来る、第1感情があるということ。では、それは一体何か?答えは、『期待』です。愛する我が子には、子育ての場面もついつい、「こうしてほしい」「こうあってほしい」と、期待をしてしまいますよね。それが叶えられないから、怒りに繋がる。このように、根底に、「期待」があるのだということを知ると、「期待をかけすぎていたのかも」「この年齢の、子どもの特徴だよね」と考えて、ま、いいかと思うようなことができれば、肩の力が、抜けるかもしれません。
客観的に見ると、Kさんは、普通のママさんと同じで、不安を抱えつつも子育てに奮闘し、時には泣いたり怒ったり、子どもと一緒に笑ったりできる、良きお母さんだな、という感じがします。そして、また、この文章なのですが

>上の子はとても明るい子なのですが、家の中では、発達障害かと思わせるほどわがままな行動で、イライラさせられてしまいます。友達付き合いもうまくないようで、その点も心配でなりません。友達と遊ぶ事も少ないので、友達と遊んでいる所を見るたびに、その態度の悪さに胃が痛くなります。

上のお子様が、友達付き合いがうまくないようだ、態度が悪い、という事は、上のお子様自身もなんとなく、感じ取っているのではないかと思います。だから、もしかしたら、Kさんの予想通り、上のお子様は友達を遊ぶことなどに対する、不安感を抱えているのかもしれません。そして、それがストレスになり、態度が悪くなってしまっているのかも。

それならば、上の子にとって、不安を取り除くために、Kさんはきっと最大の癒しスポット。パワースポットなのかもしれません。外で、「辛いよー」「うまくいかないよー」と子どもがストレスや不安を抱えているのだとしたら、それを思い切り、なぐさめてあげたいですね。「大丈夫だよ」「あんたは良い子だよ」「私がいるよ」というように。そうして、子どもはまた、Kさんからパワーをもらい、外へと出て行くのではないでしょうか。そうして、子どもは「自分は愛されている」という子育てにおいての、子どもの自己肯定感が育んでいきます。

母への許し

子どもに対し期待を低め、「泣いたっていい」「怒ったっていい」「うまくできなくってもいい」そのように許してあげて、ゆったりした心で接し、甘やかしてあげることも良いかもしれません。そのようにするのが良い理由は、他でもないKさんにも良いからです。Kさん自身、子どもとゆったり関わりを持ち、『私自身も、これでいいんだ』と不安やストレスの軽減に自分自身を許してあげることが必要です。

「泣いたっていい」「怒ったっていい」「うまくできなくってもいい」このような言葉はそっくりそのまま、Kさんに対しても当てはまる事なのですよ。Kさんが書いている、自分のこと。

>私は人付き合いは正直、得意ではなく
>友達とあっても、自分を出せていない
>本当の自分とは何なのだろう?

などという部分からは、Kさんが今まで、子育ての場面以外でもたくさんがまんして、わがままを控え、対人関係では緊張してがんばってい様子を感じます。いかがでしょうか。もし、そうだとしたら、子どもたちもそれを敏感に感じ、「お母さんだってがんばっているんだから、自分だってがんばらなきゃ」と不安をおさえて頑張ってしまっているのかもしれませんね。

ですから、Kさんが、ご自分が普段どんなに我慢しているのか、どんなにがんばっているのか、ということを振り返り、どうしたらがまんしすぎない、がんばりすぎない生き方をできるのか、などということを見つけていくと、状況がかなり変わってくると思います。Kさんも、そのままでOK。お子様も、そのままでOK。そのように捉える事ができると、良いですね。

最後になりますが、今回の状態は、お子様が運んできてくれたチャンスです。子ども達が、メッセージを送ってくれているのです。「ママ、もっと幸せになってもいいんだよ」って。Kさんが、その子ども達からのメッセージをどう受け止め、ご自身をどのように開放していくのか。そこが、Kさんと、Kさんのお子様たちがもっと幸せになるポイントです。

少し長くなってしまったので、このあたりで終わりにしようかと思いますが、僕はこれからも、Kさん家族の幸せを応援しています。よろしければ、今度、お話できる機会を作りましょうね。

ご相談ありがとうございました。

Your RPG代表心理カウンセラーさいとうよしゆき

スクリーンショット-2015-12-09-19.59.20

お悩みはこちらから

********************

一回完結!ホームページ公開型の無料お悩み相談
公開型・無料お悩み相談はこちらから♬

********************

ご相談受付日(2016年7月13日)
「子育てのストレスで不安」より

ご相談回答日(2016年7月13日)
「子育てのストレスで不安」

ご相談公開日(2016年7月13日)
「子育てのストレスで不安」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)