視”られ”力

視力とは、”視る力”だけど
視”られ”力(みられりょく)というものも在ると思う。
     
語呂悪い?(笑)
   
例えば、誰かと会って話したのに、
その人と別れたあとに、こう思う事は無いだろうか。
  
「あれ?さっきの人と何を話したっけ?」
「あれ?会ったのに顔が想い出せない…」
   
これは、自分の”記憶力が悪い”のではなく(笑)
   
相手の”視られ力”が低いためだと考える。
    
つまり”視られ力”とは、
   
『その人の存在自体のクリアさ』
  
である。
   
”視られ力”が低い特徴は、
   
●何を考えているのかわからない
●あまり発言しない
●明らかに、当たり障りのないことばかり言っている
●私生活が見えない
●表情がない
  
などに当たる。
    
だから、そのような人は、「客観」から見た時
まるでメガネを外して見たときのように
   
「ぼやけて」見られているのだ。
         
だから、記憶してもらえなかったりする。
   
”視られ力”を上げて、印象的な人になるためには
簡単に言うと、上に書いた”視られ力の低い人の特徴”
と、逆のことをすればいい。
  
それだけで、その人の存在は2倍、3倍に輝くだろう。
   
とても勇気がいるだろうけど。
    
僕自身は、より”視られ力”高い人であるために
  
カッコ悪いことも情けないことも
どんどん、発信していこうと思う。
  
『自分と言う存在が、ここに居るんだ!!』
  
というアピールを、きっと人は、
もっともっと、しても良いはずなのだから。
スクリーンショット-2015-12-09-19.59.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)